公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

受検するみんなを応援!漢検 受検レポート

将来の大学入試に向けて学力アップ!上の級にも挑戦したい。中学生の方へ 挑戦級3級 明星中学校(東京都)2年生 ※受検時 渡邉 諒さん 《プロフィール》130年もの歴史を誇る中高一貫の私立男子校でサッカー部に所属。学習塾の合間に釣りとサッカーを楽しむアクティブな毎日を送っている。好きな科目は数学。将来の夢はサラリーマン。

  1. 第1弾 受検のきっかけ
  2. 第2弾 申し込み
  3. 第3弾 学習期間
  4. 第4弾 受検直前
  5. 第5弾 受検当日
  6. 第6弾 合格発表
  1. 第1弾 受検のきっかけ

    大学入試に向けて、漢字能力を確認するため。

    大学進学に対応する基礎力を養う。漢字のレベルチェックも兼ねて。

    漢字の勉強が得意で、中でも漢字の“読み”には自信があります。小学6年生で初めて漢検を受検し、5級に合格。そのとき四字熟語が苦手なことに気づきました。その後、中高一貫の進学校に入学し、大学入試に向けて自分のレベルがどの程度なのかを知るために継続して受検することにしました。ちなみに、漢字教育に熱心な中学校なので、1週間に一度は漢字テストがあります。

  2. 第2弾 申し込み

    中学校の団体受検で、友達と漢検3級に挑戦!

    中学校で使っているテキストを基本に、まずは基礎固めから。

    受検の申し込みなどの手続きは中学校でまとめてしてくれるので、特に何も手続きはしませんでした。まずは学校で使っている問題集や過去問題を解くことからはじめました。もともと漢字の読みが得意なので、それ以外の苦手な部分をこの際はっきりさせて勉強しようと思いました。

  3. 第3弾 学習期間

    一ヵ月間、週4日、一日60分、漢検3級の過去問題を解く!

    一日3つ、新しい漢字をしっかり覚えることを習慣に。

    検定当日の一ヵ月前から、週4日、一日60分を漢字の勉強時間にあてました。それから、一日3つの漢字を覚えてしっかり身につくように計画。またいっしょに受検する友達と漢字の問題を出し合い、励まし合って頑張りました!ちょっとした工夫で、やる気がアップ。

  4. 第4弾 受検直前

    ただひたすら過去問題を解く、直前の一週間。

    苦手な四字熟語を克服することが3級合格のカギに。

    直前の一週間は、ひたすら漢検3級の過去問題を解いていました。前回の5級受検のときから苦手だった四字熟語を徹底的に勉強。友達と一緒に勉強したり、「3級に合格したら自分にごほうびをあげる」と決めたりして、より一層やる気を奮いたたせました。

次回は「第5弾 受検当日」を
公開いたします。

一覧へ戻る

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。