公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

よくある質問(漢)

漢検CBT受検について

Q1 パソコンが苦手なのですが大丈夫でしょうか?
読み問題や選択問題はキーボード入力で解答していただきます。
基本的な文字入力(ローマ字入力でもかな入力でもOK)やマウス操作ができれば大丈夫です。
手で書くよりもキーボード入力が速い方にとっては、その分だけ解答時間を短くできます。
逆に、キーボード入力やマウス操作に自信がない方には残念ながらお勧めできません。
Q2 CBTとは何ですか?
Computer Based Testingの略で、コンピューターを使って行う検定のことです。
Q3 検定料はいくらですか?
通常の(紙媒体での)検定と同じです。
Q4 通常の紙媒体での検定と同等に認定されるのですか?

はい。通常の紙媒体での検定同様、合格者には正規の合格証書及び合格証明書・検定結果通知を、不合格者には、検定結果通知を郵送します。

Q5 記述問題はどう解答するのですか?
パソコンに接続されたタブレットという機器に専用のペンで記述していただきます。
検定問題には、検定時間にカウントされない練習問題がありますので十分に慣れてから検定問題を解答してください。
また、タブレットの解答を訂正するために、消しゴム機能があります。文字の一部を消すこともできますし、解答を消去(クリア)することもできます。
Q6 機械操作に慣れていないという点で時間上の配慮はしてもらえるのでしょうか?
申し訳ございませんが、公平を期すために配慮はしておりません。操作に慣れていただくためにすべての問題パターンごとに練習問題を設定しています。練習問題の間は検定時間にはカウントされません。
Q7 検定時間は自動で計ってくれるのですか?
はい。自動計測です。また練習問題の間はカウントされません。
Q8 漢字がPCの文字変換機能でわかってしまうのではないのでしょうか?
漢検CBTシステムが動いている間は文字変換機能(FEP)が無効になるように制御していますので答えを調べることはできません。
Q9 問題はその都度違うものが出るのでしょうか?(日によって違うのですか?)
問題は実施時間によって異なります。難易度にばらつきがないよう、
コンピューターから平準化された問題が出題されます。
(同一日、同一時間、同一級の問題は全員同じです。)
また紙媒体での検定と異なり、当日の検定問題はお持ち帰りいただけません。
Q10 個人情報はきちんと守られているのでしょうか?
会場と漢検の間でやりとりさせるデータは暗号化されますので、受検者の個人情報、検定問題、解答が通信途中で第三者に盗み見られたり、改ざんされたりすることはありません。
Q11 1級・準1級・8級・9級・10級は受けられないのですか?
紙媒体での検定をご覧いただければお分かりのように、漢検1級・準1級・8級・9級・10級は問題の出題形式上、CBTに移植するのが困難と判断させていただきました。ご了承ください。
Q12 採点方法はどうするのですか?
キーボードから入力する読み問題や記号問題はコンピューターが自動採点します。タブレットから記述する書き問題は、紙媒体での検定同様に採点者が採点します。
Q13 結果はどれくらいでわかりますか?
検定後約10日を目安に郵送にて通知します。(年末年始等の連続休暇は除く)

前のページに戻る


よくある質問(漢)

  • お問い合わせ
  • 私の好きな漢字と漢検
  • どれだけ知ってる?漢字の豆知識
  • 漢検受検級の目安チェック
  • 漢検の魅力

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。