公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

よくある質問(漢)

平成24年度からの審査基準改定について

Q1 なぜ、審査基準が変わったのですか?
平成22年11月30日付けで改定された常用漢字表が告示されました。常用漢字表は社会で必要とされる漢字の基準です。漢検は社会や学校教育で必要とされる漢字能力の習得の度合いを測定する検定であるため、常用漢字表の改定に合わせて、すべての常用漢字を読み書き活用できるレベルである2級の審査基準を改定しました。また、2級に向けてより段階的に学習しやすいよう、これまでの級のレベル(例:「3級=中学校卒業程度」など)を勘案したうえで、準2級~10級の審査基準も見直しました。
Q2 平成24年度からとは、具体的にいつ行われた検定からですか?
平成24年度第1回から新しい審査基準での検定を行いました。また、コンピューターで受検する「漢検CBT受検」では、平成24年4月16日(月)から新しい審査基準での検定を開始しました。
Q3 審査基準の改定により、対象漢字数や字種に変更はありましたか?
対象漢字数・字種に変更があったのは、以下の級です。
準1級 常用漢字を含めて
約3000字の漢字
常用漢字を含めて約3000字の漢字(JIS第1水準を目安とする)。
※平成23年度までの審査基準で1級対象となっていた漢字のうち、平成22年に常用漢字に追加された28字(「曖」「彙」など)は準1級でも出題対象となる。
2級 常用漢字 2136字 平成22年11月30日付内閣告示による「常用漢字表」にある2136字すべて。
※昭和56年10月1日付内閣告示による旧「常用漢字表」の1945字から、「勺」「錘」「銑」「脹」「匁」の5字を除き、平成22年に常用漢字に追加された196字(「挨」、「宛」など)を加えたもの。
準2級 常用漢字のうち
1940字
昭和56年10月1日付内閣告示による旧「常用漢字表」の1945字から、
「勺」「錘」「銑」「脹」「匁」の5字を除いたもの。
3級 常用漢字のうち
1607字
平成23年度までの審査基準で、3級対象となっていた1608字から、「脹」の1字のみを削除したもの。
Q4 各級の配当漢字は、何を見ればわかりますか?
2~10級の配当漢字は、以下の方法でご覧いただくことができます。
Q5 出題形式や問題数も変わったのですか?
当協会では、漢字能力測定の精度を維持するために、毎回問題の構成を検討しています。したがって、審査基準の改定の有無にかかわらず、適宜、出題形式や問題数を変更することがあります。
Q6 合格基準(例:「3級=200点満点 70%程度」など)に変更はありましたか?
審査基準の改定に伴う合格基準の変更はありません。
※各級の合格基準は、こちらをご覧ください。
Q7 2級の審査基準には「人名用漢字」という記載がありませんが、2級から人名用漢字の出題はなくなったのですか?
はい。2級では、平成22年11月30日付けで常用漢字に加わったものを除き、人名用漢字は出題対象となりません。常用漢字表改定に伴い、一部の人名用漢字は常用漢字表に含まれることとなりました。これを受け、2級のレベルを総合的に勘案し、上記のとおり判断しました。
Q8 新しい常用漢字表は、どこで確認することができますか?
文化庁のホームページ(新規ウィンドウで開くhttp://www.bunka.go.jp/)にてご確認ください。
Q9 常用漢字表の改定で読み方が追加されたもの(例:「育(はぐく)む」)がありますが、これは平成24年度以降の検定の出題範囲に含まれますか?
常用漢字表に入っている読み方は、検定問題の出題範囲に含まれます。
Q10 中学校や高等学校で学習する読み方は、その漢字が配当されている級で出題されますか?(例:9級配当漢字「麦」-「むぎ」の読みは小学2年で学習するが、「バク」の読みは中学校で学習)
新しい審査基準の検定では、「中学校で学習する読みは4級以上で出題対象」となり、「高等学校で学習する読みは準2級以上で出題対象」となりました。どの読みが、中学校で学習する読みや高等学校で学習する読みに該当するかは、『漢検要覧 2~10級対応』などに掲載しています。
Q11 常用漢字表の備考欄に示された内容は出題対象となりますか?また、採点の際、考慮されますか?
備考欄に示された内容も常用漢字表に含まれると考えます。したがって、検定でも出題対象となります。また、採点する際は備考欄の内容も考慮します。(例:常用漢字表の「十」の音訓欄に「ジッ」の読みがあるが、備考欄に「「ジュッ」とも。」とある。「十回」の読みは「じっかい」「じゅっかい」とも正解になる。)
Q12 筆順や部首に関する変更はありますか?
従来から常用漢字表に入っていた字種の筆順や部首の分類に変更はありません。新しく常用漢字表に追加された字種の筆順・部首は、『漢検要覧 2~10級対応』や平成24年2月以降に発行した『漢検 2級 漢字学習ステップ』などに掲載しています。※「のごめ」については、部首名を「のごめ」から「のごめへん」に変更します。
Q13 「餅」を「餅」、「遡」を「遡」のように書いてもよいですか?
2級~10級の検定では、「常用漢字表」に示された字体を用いて答えなければなりません。ただし、例外として、平成22年告示「常用漢字表」で追加された漢字のうち、許容字体が併せて示されたものは正解とします。「餅」や「遡」はこの例外に当てはまるので、正解となります。
※どの字が許容字体とされているのかは、「級別漢字表」をご覧ください。
pdf日本漢字能力検定 級別漢字表はこちら(1.7MB)
Q14 平成23年度以前の検定で取得した級は、無効になりますか?
いいえ、無効にはなりません。
Q15 新しい審査基準の検定で取得した場合と、平成23年度以前の検定で取得した場合では、同じ級であれば同じレベル(例:「3級=中学校卒業程度」など)と捉えてもよいのでしょうか。
はい。今回の審査基準改定では、各級のレベル(例:「3級=中学校卒業程度」など)に変更はありません。
Q16 大学入試や高校入試で漢検の資格評価をしているとありますが、新旧どちらの審査基準で取得した級でも同じように評価されるのでしょうか。
入試における資格評価は、入試を行っている大学、高校等で決められていますので、一概にお答えできません。
Q17 現在、平成23年度以前の審査基準対応の問題集を持っています。新しい審査基準で行われる検定の対策に使用できますか?
1級および5級~10級は、審査基準に実質的な変更がないため、そのまま使用できます。2級は追加字種が196字あるため、新しい審査基準に対応した書籍を使用することをお勧めします。準1級および準2級~4級も、より確かな対策のために、新しい審査基準に対応した書籍を用いて学習することをお勧めします。
  • ※あくまで当協会発行書籍に関することです。他社発行の書籍についてはお答えいたしかねます。

前のページに戻る


よくある質問(漢)

  • お問い合わせ
  • 私の好きな漢字と漢検
  • どれだけ知ってる?漢字の豆知識
  • 漢検受検級の目安チェック
  • 漢検の魅力

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。