公益財団法人 日本漢字能力検定協会

京都大学×漢検 研究プロジェクト

ライフサイクルと漢字神経ネットワークの学際研究

研究目的

  • 日本独自の「漢字神経ネットワーク」の解明
  • 漢字能力が脳機能の発達・維持におよぼす効果の科学的検証

 私たち日本語で生活するものにとって「漢字」は欠かせない存在である。しかし、アルファベットや仮名に比べて学習するのに時間がかかり、かつ学習後も忘却してしまいがちな文字である。したがって、漢字の学習とその能力の維持が、日本語生活者の重要な課題である。
 本研究では、「高い漢字能力」を身につけ、さらに維持することの重要性を、学習期(学童期~青年期)と能力維持期(老年期)の2層を対象にした脳の研究によって科学的に証明することを目的とする。

研究体制

京都大学大学院医学研究科 教授 髙橋 良輔(研究長)
教授 村井 俊哉(学習期対象研究担当)
講師 葛谷 聡(能力維持期対象研究担当)
ほか研究協力者
(公財)日本漢字能力検定協会 研究プロジェクトチーム

概要とプロセス

A.能力維持期(老年期)対象研究について

 急速に少子高齢化が進む日本では、健康上の問題がない状態で日常生活を送ることのできる「健康寿命」を長く保てることが重要な課題となっており、認知症予防もその一つである。2012年時点の日本の認知症患者数は約460万人で2025年には700万人を突破するとも言われている。
 認知症予防においては、仮に脳内で病理変化が進行し、認知症を発症したとしても認知機能的には正常なままで寿命を迎えることができる「高認知予備能※1」に注目が集まっている。過去にアメリカの大学が行った「ナン・スタディ※2」では、若い頃から「知的蓄え」がある人は脳内でアルツハイマー病を発病しても認知症の発症リスクを抑えられるのではないかと提唱している。漢字能力も「知的蓄え」のひとつであり、漢字学習は脳の活性化に一定の効果があると言われているが、未だ科学的に解明されていない部分も多く残されている。そこで、本研究では、以下の研究プロセスを通じて、「認知予備能」と漢字能力や漢字学習との関係を明らかにし、現在の高齢者はもちろん、これから高齢に向かうすべての学習者と学習指導者へ貢献することを目指す。

1年目:健常者、軽度認知機能障害の患者、認知症の患者の漢字能力と認知機能の関連性の検討。
2年目:漢字能力が認知予備能を反映するかの検討、漢字能力と認知機能の相関についての検討。
3年目:漢字学習の認知症進行抑制に対する効果の検証。

B.学習期(学童期~青年期)対象研究について

 学習期における漢字習得は、すべての教科学習の基盤であり、言語的思考力を含む知的能力の発達を支えるものである。言語的思考力は、老年期の脳機能に関する強力な予測因子であることが報告され、認知予備能の指標になりうると考えられており、漢字学習と思考力との関係について検討することは生涯発達の観点から重要な課題である。
  児童期から青年期に思考力を十分に育てることが生涯にわたる健全な生活機能の維持につながると考えられ、その時期における漢字学習の量や質は思考力の発達に重大な影響を及ぼしていると考えられる。そこで、本研究では以下の研究プロセスを通じて、学童・青年期の漢字習得と思考力の実態を把握し、漢字学習の意義を科学的に説明することを目指す。

1年目:大学生の漢字能力と思考力、神経認知機能との関連性の検討。
2年目:漢字学習の効果の検証、漢字学習が思考力に及ぼす効果の検証。
3年目:漢字能力と脳神経画像指標との関連性の検討。

  • ※1 「認知予備能」(cognitive reserve)・・・失われた神経細胞の働きを補完する働きのこと。これにより、認知症を発症した場合も認知症症状の程度を抑制できると考えられている。
  • ※2 「ナン・スタディ」・・・米ミネソタ大学の予防医学研究グループが、ノートルダム修道院の協力を得て行っていて、1986年から始まり現在まで調査・分析が継続されている。これまでに認知症に関する様々な知見をもたらしている。

研究途中経過

準備中

研究成果

準備中

事業・活動情報

  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字カフェ
  • 漢字ペディア
  • 個人情報保護方針について

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.