漢検 かんじ、つなぐ、きずな 今、あなたに贈りたい漢字コンテスト

結果発表

表彰式の様子はこちら

応募総数 29,042作品

本コンテストは、“漢字がつなぐ絆”をテーマとして「想いを込めた漢字を贈る」ことで人との絆を感じる契機とする、また大切な人への想いを改めて認識する機会をつくることを目的として開催いたしました。(募集期間:2013年7月10日~10月21日)
「小学生部門」には6,005作品、「中学生部門」には12,769作品、「高校生部門」には9,083作品、「一般部門」には1,185作品、合計29,042作品のご応募をいただきました。絆大賞(各部門につき1作品)、日本漢字能力検定協会賞(各部門につき1作品)、審査員特別賞(各部門につき3作品)、佳作(各部門につき20作品)を決定いたしました。

審査員

審査員長
橋本 五郎(読売新聞特別編集委員)
審 査 員
池田 芳和(全国連合小学校長会顧問、東京福祉大学教授)
壷内  明(元全日本中学校長会会長、聖徳大学教授)
戸谷 賢司(独立行政法人大学入試センター参与、全国高等学校長協会顧問、秀明大学教授)
髙坂 節三(公益財団法人日本漢字能力検定協会代表理事)

総評

「漢字ほどことばを具体的に、全的に表現しているものはない。それは一字のうちに形と音と意味とをそなえた、完全な文字である」。
白川静さんは『漢字の世界』でそう書いています。応募作品を審査しながら、その思いを一層強くしました。
応募の多かった漢字は、「笑」を筆頭に、「感」「謝」「友」「楽」の順となりました。とてもわかるような気がします。辛い中でも笑いを絶やさず、感謝の気持ちを忘れず、仲間の輪を広げようという前向きの気持ちがよく出ているように思いました。
一字に込められた人生の哀歓を思うとき、順位を付けることに不遜さを覚えたことを正直に告白したいと思います。(審査員長 橋本 五郎)

表彰

絆大賞(各部門につき1作品)
: 賞状・副賞(旅行券5万円相当)
日本漢字能力検定協会賞(各部門につき1作品)
: 賞状・副賞(旅行券3万円相当)
審査員特別賞(各部門につき3作品)
: 賞状・副賞(図書カード1万円相当)
佳作(各部門につき20作品)
: 賞状・副賞(図書カード5千円相当)

「贈りたい漢字」ランキング

応募された「贈りたい漢字」は計1,348字でした。
4部門を合計した「贈りたい漢字」は、「笑」が最も多く、順に「感」、「謝」、「友」、「楽」、「愛」、「優」、「幸」、「絆」、「心」、「夢」、「生」、「支」、「仲」、「信」、「命」、「恩」、「努」、「健」、「頑」などの漢字が並びました。部門別の応募数の多かった「贈りたい漢字」は下記の通りです。

小学生部門入賞作品

小学生部門入賞作品

中学生部門入賞作品

高校生部門入賞作品

一般部門入賞作品

漢字を贈ってみよう

表彰式の様子

表彰式の様子

平成26年3月30日(日)に東京にて絆大賞・日本漢字能力検定協会賞・審査員特別賞の受賞者を対象に表彰式・懇親会を行いました。

審査員長による総評

審査員長 橋本 五郎

審査員長 橋本 五郎

漢字は人類の大変な発明だと思います。漢字には、形や音、そして意味があり、一文字にいろいろな想いを込めることができます。
この度、約30,000作品の中から受賞者を決定しました。応募が多かった漢字は、「笑」を筆頭に、「感」「謝」「友」「楽」の順になりました。これは今の時代を表しているのではないでしょうか。私たちは限りある人生をこの世の中で生きている。日々辛いこともあるけれど、できるだけ笑顔で過ごそう。多くの人に感謝しながら、自分の今がある、生きていてよかったと思える。ここに私は大いなる希望を抱きます。
私が大学を卒業する時に母から教わった3つの言葉があります。1つ目は、何事にも手を抜いてはならない。常に全力であれ。2つ目は、傲慢になってはいけない。常に謙虚であたれ。3つ目は、どんな人でも嫌いになることはない。その人の中に自分より優れているものを見よ。この教えを私は一日として忘れたことがありません。
今回の非常に難しい審査に際してもそうでした。ですから、作品に順位を付けることは、母の言葉で言えば、甚だ傲慢なことなのです。しかし、受賞者をはじめ、多くの方の生きてこられたいろいろな想いを改めて強く感じることができました。皆さん、本当におめでとうございます。

受賞者コメント

絆大賞

たくさんの応募の中で自分の作品(漢字)が絆大賞に選ばれたのは夢みたいです。
自分で考えた漢字なのですごいなと思ったし、うれしかったです。
ぼくもうれしかったけど、いちばんうれしかったのは、おばあちゃんだと思います。
ぼくが心を込めて書いたからです。
「手」という漢字にしたのは、おばあちゃんのことを思ったとき、ぼくが小さなときからよく手を繋いでもらったことを最初に思い出したからです。
今でも手を繋いでもらうと、不安なことがあったとき安心できるし、なんだか素直になれます。おばあちゃんの手は魔法の手みたいです。

永友 佑 さん(岐阜県・岐阜市立長森東小学校 2年生)

山口 夏季 さん(神奈川県・山北町立三保中学校 3年生)

この度は「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」において「絆大賞」を受賞する事ができ、本当に嬉しく思っています。
私が通っていた山北町立三保中学校は、この3月末で閉校となる為、ラストの一年間は特に皆の心と心をつなげようと“絆”を大切にしてきました。
それだけにこの絆大賞の受賞は、大きな喜びと驚きでした。
私は、「迎」と言う一文字を選びました。自分を迎えてくれる場がある事は、当然の事かも知れませんが、その当たり前は日々気付かないゆえに最も大きな財産だと思いました。
また、自分が迎えられるだけでなく、自分でもいろいろな人を迎える温かい存在でいたいという思いも込めました。

漢字に思いを乗せて大切な人に伝えるきっかけになる、この素敵なコンクールに参加でき、直接は照れくさくて伝えることが出来ない母への思いを伝えることができたこと大変うれしく思います。
審査員の方から頂いたコメントのように「背」に人としての財産を蓄えていっていけるような人になれるよう、しっかりと勉学に励み、人生を歩んでいきたいと思います。
そして、いつかは母の背中を追い越せるようになれるよう頑張っていきたいと思います。
最後になりましたが、 今回はこのような賞を頂き、誠にありがとうございました。

中野 志保 さん(徳島県・徳島県立新野高等学校 3年生)

清水 真弓 さん(大阪府・清水書道教室 代表 51才)

「天空メッセージ」時々天空から便りがあって、故人をすぐ近くに感じることがある。今回の受賞の報告に友人がこんなことを言いました。講評を頂いたその日は偶然にも娘の命日でした。
東日本大震災の数日前、突然娘は亡くなりました。当時、京都大学法学部在学中であった娘は、謙虚でやさしい可愛い子でした。彼女は私の未来、そして希望でした。しかし、子供は子供自身のものだったのです。
娘よ。先に逝ったことをゆるしてあげる。あなたが私達家族に感謝したように、私達もあなたに出逢えて幸せだった。
これからの人生をおかあさんは自分の為に大事につかいます。
ありがとう。あなたと共に生きた証を頂くことができました。

※ 受賞者の個人情報は応募当時のものです。

日本漢字能力検定協会賞・審査員特別賞の受賞者コメントはこちら

主催者挨拶

「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」表彰式にあたり、一言ご挨拶を申し上げます。
本日、この表彰式が、ご来賓の皆様、受賞者の皆様のご臨席を賜り、開催できますことは、大変嬉しく、心から厚く御礼申し上げます。
弊協会は、平成4年の財団設立以来、「日本漢字能力検定」を主な事業とし、漢字や漢字教育に関する研究支援、日本語・漢字に関する講演会や啓発イベントの開催、さらには年末の恒例となりました「今年の漢字」等の事業活動を行ってまいりました。
また、昨年4月1日からは、内閣府より公益財団法人の認定を受け、「公益財団法人 日本漢字能力検定協会」として新たに出発し、「すべての人の学びを支える」活動を進めております。

さて、「今、あなたに贈りたい漢字コンテスト」は、東日本大震災の年の「今年の漢字」に圧倒的な数で「絆」が選ばれたのを契機に、“漢字がつなぐ絆”をテーマとして、ご家庭や学校などで、家族や友人、知人へ大切な想いを込めて漢字を贈る機会を提供してはどうかとの職員の声から企画がスタートしたものでありまして、全国から29,042作品もの応募が寄せられました。本日は、その中から特に優秀と認められた20作品に各賞を贈呈いたします。まことにおめでとうございます。

ご応募いただいた作品は素晴らしい作品が多く、第一次、第二次、そして最終審査と大変頭を悩ませた次第であります。審査にも自然と熱が入り、一つひとつをじっくりと読み込むたびに、それぞれの作品から溢れ出る情景や素直な想いに感銘を受けたことが、今も強く印象に残っております。と同時に、表意文字としての漢字が持つ「奥深さ」「面白さ」、ひいては「豊かさ」や「あたたかさ」を改めて認識することができました。また多くの学校で教育の一環としても取り組んでいただきましたが、夏休みの課題としたり、国語の授業の中で発表し合ったり、高校の文化祭で展示したりした結果、大変喜ばれたということが、先生方からのアンケート回答にありました。主催者代表として、受賞者をはじめ、本コンテストに取り組んでくださった多くの方々に重ねて御礼申し上げます。

今年もこのコンテストを継続いたしますが、国民一人ひとりの情緒・感性の基盤である「漢字」への想いと、東日本大震災以降強まった「絆」への想いが、いつまでも続いていくことを祈念するとともに、皆様の受賞を心からお祝いいたしまして、簡単ではございますが、日本漢字能力検定協会からのご挨拶とさせていただきます。
本日はまことにおめでとうございました。

ページのトップへ戻る