公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

中学生レベル

「数人」と言ったら何人? ~変わる「数(すう)」の概念~

沙織さん:保健の授業で、朝ごはんを抜いてはいけないという指導があったんです。そのなかで、「食後数時間経てばおなかが減って何か食べたくなる」と先生が言ったので、みんな、「そんなすぐには減らない、5~6時間以上は必要です」と反論したんですが、そうしたら先生も「だから数時間と言ったでしょう」と答えて……。変なやりとりでした。

漢検博士:その先生は、ちょっとご高齢の方かな?実は、「数人」「数日」などと使う「数(すう)」の概念は、世代によってずれているんだよ。ちなみに沙織さんは「数人」というと何人ぐらいだと思う?

沙織さん:2~3人じゃないんですか?さっきの先生の話も、みんな、「食後2~3時間でおなかが減って食べてたら太っちゃう!」と大騒ぎだったんです。

漢検博士:実は、辞書でも「数(すう)」の定義は定まっていないんだ。古くは10未満のはっきりしない数を指したが、現代の辞書だと「3~4、ないし5~6」とするところが多いようだね。ただ、世代が下になるほど「数(すう)」を少なくとらえ、上になるほど多くとらえる傾向があるんだ。「予算は数千円」と言ったときに、2000円と6000円では3倍もの開きがあることになるから、重要なことは安易に「数(すう)」でまとめず、はっきりとした数字で伝えることが大切だよ。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。