公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

大学・一般レベル

「ごたごた」にも「ちゃきちゃき」にも意味がある? ~擬音語・擬態語の由来をさぐる~

昌人さん:は~あ、最近、サークルの人間関係がごたごたしていて気が重いんです……。

漢検博士:それで珍しく元気がないのか。ところで、「ごたごた」とはどういう言葉か、わかっているかな?

昌人さん:え~?なんかこう、あっちとこっちがゴチャゴチャのグチャグチャになってる……というときに使う擬音じゃないんですか?

漢検博士:残念!ただのイメージ的な音ではなくて、ちゃんと成り立ちがあるんだよ。収拾がつかずにもめているという意味の「ごたごた」だが、なんとこれはお坊さんの名前から来ているんだ。鎌倉時代に来日した禅僧・兀庵(ごったん)の言うことがあまりにも理屈っぽくてわけがわからないことから、面倒でややこしい状況を「ごったん、ごったん」と言うようになり、やがてもめ事そのものを「ごたごた」と言うようになったそうだ。ほかにも由来のおもしろい擬音語・擬態語を見てみようか。

  • がたぴし
    意味・用法:建てつけの悪い扉などの滑りの悪いさまやその音を表す。
    由来:仏教用語の「我他彼此」から。私と他者、あっち(彼岸:ひがん=悟りの境地)とこっち(此岸:しがん=現世、迷いの世界)という相反する概念を表しており、対立してうまくいかない状態を指す。「ガタがくる」の「ガタ」も同源。
  • ぐでんぐでん
    意味・用法:正体をなくすほど深く酔っぱらった様子。
    由来:男性に対する尊称は「貴殿」。そこから、お酒に溺れて愚かな行動をとってしまっている人をからかって「愚殿」と呼んだことからできた言葉。ほかにも酔っぱらった状態を表す言葉に「へべれけ」「べろんべろん」もあるが、「ぐでんぐでん」が最上級。
  • ちゃきちゃき
    意味・用法:血統に混じりっ気のないこと、生粋の。
    由来:正当な後継者である嫡子から嫡子へと家が継がれていくことを「嫡嫡(ちゃくちゃく)」と言い、これがなまって「ちゃきちゃき」となった。「ちゃきちゃきと作業を終わらせる」など、勢いよく物事をすることに使うのは誤用。
  • しくしく
    意味・用法:弱々しく泣く様子、強くない痛みが絶え間なく続く様子。
    由来:ある動作が繰り返されること、たび重なって起こることを意味する「頻(し)く」を重ねて「絶え間なく」「しきりに」「あとからあとから」などの状況を表すときに使われた、万葉集にも登場する古い言葉。現代では主に擬態語のように使われる。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。