公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

中学生レベル

緊張して動けないときの表現 恐怖や緊張で動けないときは…『足がスクム』

漢検博士:怖い目にあうと、冷や汗が出たり、鳥肌が立ったり、髪の毛が逆立ったり、背筋が凍ったり、血の気が引いたりといろんな反応があるけれど、

『足が竦む』とはどういう状況かわかるかな?

【語源】「足が竦む」とは、恐怖や緊張のために足がこわばり、その場から動けなくなることを言うんだ。「竦」の字は「立」+「束」、つまり足が棒を束ねたようにまっすぐ固まって突っ立ってしまう様子を表して

いるわけだ。同様に「立ち竦む」「竦み上がる」ともに恐ろしさのあまり動けなくなることを指すぞ。「射竦める」は、視線で相手を委縮させ、動けなくさせることだ。

【使い方】沙織さん:「高層ビルの展望台に立つと、足が竦む」「面接官を前にして足が竦んだ」状況を考えるだけで緊張しますね……。

【豆知識】身を竦めるのは、恐怖だけでなく恥ずかしさが原因のこともあるぞ。「肩を竦める」という動作は両手のひらを上に向けて肩を縮め、「どうしようもない」という気持ちを表すジェスチャーとされるが、本来は恥ずかしさのあまり身を縮こまらせることを言ったんだ。

また、カエルはヘビが苦手で、ヘビはナメクジが苦手、ナメクジはカエルが苦手で三者が揃うと互いに牽制しあって動けなくなることから、このような状況を「三竦み」というのも覚えておこう。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。