公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

中学生レベル

怒りを表現するいろいろな言い回し もうガマンできない!…『カンニン袋のオが切れる』

漢検博士:さまざまな感情を総称して「喜怒哀楽」と言うが、「喜」と「楽」は小学校で習うのに、「怒」と「哀」は中学校で習う漢字なんだよ。怒と哀は、ちょっと大人の感情ということなのかな?

確かになるべくなら怒りたくないけれど、我慢を重ねてどうにもならなくなって怒りが爆発することを、『堪忍袋の緒が切れる』というんだよ。

【語源】「堪忍」とは怒らずに我慢することで、「堪忍袋」とは我慢できる心の広さを袋にたとえたもの、「緒」はその袋の口を縛っている紐のことだ。

普通はちょっと腹が立つことがあっても我慢しているが、我慢を重ねていくと堪忍袋の中がぱんぱんになり、その紐が切れて一気に中身が飛び出す、つまり、怒りが爆発するというわけだ。「緒」を「尾」と書き間違えるケースがあるが、それだと袋の底が破れて中身がこぼれ出る感じで、一気に爆発する雰囲気が伝わらないね。

【使い方】沙織さん:「何度もからかわれて堪忍袋の緒が切れた!」「そんなこと言われたら、さすがの彼も堪忍袋の緒が切れるよ」我慢してたけど……というニュアンスも伝わりますね。

【豆知識】今どきは「キレる」をよく使うと思うが、もともとはこの「堪忍袋の緒が切れる」から来ているという説もあるぞ。

怒りを表現する言い回しは、「腹を立てる」「目をつりあげる」「青筋を立てる」「頭に血がのぼる」「はらわたが煮えくり返る」など意外にたくさんあるから、今の自分の怒りがどれに当てはまるか考えていたら、キレることもなくなるかもな。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。