公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

大学・一般レベル

ビタ一文の「ビタ」はカタカナが正しい? ~れっきとした漢字がある言葉~

由衣さん:最近、友人の影響で古い時代劇を見るようになって、はまっているんです。言葉づかいも独特で、特にののしり言葉というか、悪態のつきかたが、今では聞かない言葉もあってかっこいいですよね。「ビタ一文やらねえよ!」なんて、一回使ってみたいですよね~。

漢検博士:いい趣味を持ったねえ。しかし、「ビタ」とは何か、わかってるかな?それに、漢字で書けるかな?

由衣さん:えっ!?考えたことありませんでした……。漢字があるってことは、ちゃんとした言葉なんですね?後ろの「一文」を強める接頭語みたいなものかと思ってました。ビタン、と何か叩きつける感じがするので。

漢検博士:「ビタ」とは、漢字で書くと「鐚」。中国では兜(かぶと)から垂らして首の後ろを守る部分「しころ」を表す字だったんだ。ところが日本に来ると、金へんに「悪い」という字面からか、価値の低い粗悪な銭を「鐚銭(びたせん)」と言うようになり、そんな鐚銭すら出せないということで、「鐚一文」という表現ができたんだね。他にも、時代劇に出てきて、実は漢字があるという言葉があるぞ! 破落戸(ごろつき)「ごろごろ転がる」などと使う擬態語「ごろ」に、接尾語「つく」がついて「ごろつく」という動詞になり、それが名詞化して「ごろつき」となったんだ。元々は住所や職が定まらずに点々とする人を指していたんだけど、次第に、弱い者に対してたかったり脅したりする悪人を指すようになったんだ。そこに、落ちぶれた旧家の子弟、盛り場をうろつき悪事を働く者という意味を持つ中国語の「破落戸」をあてたと言われるぞ。同じような意味の「ならずもの」も、実は同じ漢字が使われているんだ。 猪口才(ちょこざい)「ちょこちょこ」「ちょこまかする」などと使い、「小さい」「目立たない」を意味する「ちょこ」に、才能を意味する「才」をつけ、「(とるに足りない)ちょっとした才能」を意味する。そこから、大した才能・能力もないのに偉ぶったり生意気な態度をとる人に対して使うようになり、「猪口」の字をあてるようになったんだ。ちなみに、サブタイトルになっている「れっきとした」は「疑う余地がないほど確か、世間から認められている、正真正銘の」という意味で、これにも「歴とした」という漢字があるぞ!

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。