公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

中学生レベル

相手を怒らせてしまったときの表現 激しい怒りを買ったときは…『ゲキリンに触れる』

漢検博士:最近、怒られるようなことはあったかな? 怒り方にもいろいろあって、言い訳する暇も与えず、頭ごなしに怒鳴りつけることを「雷を落とす」と言うんだ。怒鳴りつける大声が雷のようだからできた慣用句だね。

これよりももっと激しく、しかも自分の態度や言動によって目上の人を怒らせることを、『逆鱗に触れる』というのは知っているかな?

【語源】「逆鱗」とは、龍のあごの下に1枚だけ逆さに生えているウロコのこと。このウロコに触れると、ふだんはおとなしい龍が激しく怒り、触った人を殺してしまうと言われている。

天子(王様)は龍にたとえられるため、天子のような偉い人、現代だと先生とか会社の上司など目上の人に対して逆らったり、軽んじたりしたために激しい怒りを買うことを言うようになったんだ。

【使い方】沙織さん:「先生の失敗に思わず笑ったことが先生の逆鱗に触れた」「母の逆鱗に触れないよう、赤点のテストを隠した」という使い方をするとすれば、“地雷を踏む”に近いですね。

【豆知識】やってはいけないことをして怒らせるという意味では、「地雷を踏む」は確かに似ているな。龍も、逆鱗にさえ触れなければおとなしいからね。どちらも、相手の失敗や弱点をあざけったり、言ってはいけないことを言ったり、本来なすべきことをしなかったなど、自分にも非があるために相手を怒らせている点は同じだな。

ただ大きく異なるのは、「逆鱗に触れる」は目上の人に対してのみ使うということ。「親友の誕生日を忘れて逆鱗に触れる」というような使い方はしないぞ。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。