公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

小学生レベル

「太平洋」と「大西洋」は、どこが違う? ~「太」と「大」が表すもの~

大輔くん:あ~あ、またやっちゃった……。「太平洋」と「大西洋」って、なんで片方は「太」で、片方は「大」なんですか?しょっちゅうわからなくなって、逆に書いては×をもらってしまうんです。

漢検博士:そうだね、よくある疑問だね。「大」は、人が両手両足を大きく広げている様子からできている字で、そこに、くり返しを意味する二本の線を足して、もっともっと大きいことを表したのが「太」という字なんだ。

大輔くん:そうか!じゃあ、大きな海が「大西洋」で、もっともっと大きな海が「太平洋」というわけですね?

漢検博士:そういう覚え方もいいと思うよ。ただ、正しくはそうじゃないんだ。実は、どちらの海の名前も、明治時代になってから外国の呼び名が伝わって、日本語に翻訳されたものなんだよ。ヨーロッパの人にとって西側に広がる大きな海が「西の大洋」と呼ばれていて、そのまま「大西洋」と訳されたんだ。一方、太平洋は、16世紀に「平和な海」と名づけられて、それを日本語に訳すとき、平和を意味する「泰平、太平」の字が当てられたんだ。マゼランという探検家が初めて船で世界一周の旅を成し遂げたとき、嵐にあわなかったために名づけたようだよ。幕末のころの地図には「太平洋」のほかに「泰平洋」「太平海」という書き方も見られるが、明治6年に文部省が発行した文書に「太平洋」の文字が使われ、以後、この書き方が定着したんだ。なので、「大きな西の海」と「太平な海」と覚えるのが、意味的には正しいかな。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。