公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

中学生レベル

油と脂はどう違う? ~音も意味も同じ漢字をきちんと使い分ける~

沙織さん:今、調理実習のレポートを書いてるんですが、サラダ油とは書いても、サラダ脂とは書きませんよね。どちらも同じ「あぶら」なのに、何が違うんでしょうか?

漢検博士:簡単に言うと、常温で液体のものを「油」、固体のものを「脂」と書き分けるんだよ。「油」は主に植物性・鉱物性のもので、幅広い場面で使えるぞ。一方、「脂」は動物性のものに使われ、月(にくづき)に旨(うまい)と書くように、こってりとして旨みが感じられるときにも使われるんだ。

沙織さん:「脂」と書くほうがなんだかグルメっぽいイメージがあるのは、そのせいなんですね!じゃあ、「足」と「脚」や、「歌」と「唄」、「陰」と「影」にも、使い分けの基準はあるんですか?「私の足」と「モデルさんの脚」みたいに、なんとなく後者のほうのイメージがいいように感じるんです。

漢検博士:「足」と「脚」は、厳密に区別するなら、足首から先が「足」、足首から上が「脚」と言われているぞ。そこから、「脚」のほうが長くて「足」のほうが短い、というイメージが生まれ、沙織さんが言ったことにつながるのかもしれないな。とはいえ、広い意味では「足」と書いていれば、まず問題ないよ。「歌」と「唄」は、“メロディやリズムに乗せて発せられることば”を指す漢字が「歌」、仏を賛美する「うた」を表すための漢字が「唄」だよ。基本的には「歌」を使うが、日本的なものや、素朴な感じを強調したいときには「唄」が使われがちだね。「子守歌」より「子守唄」のほうが、懐かしい印象がするだろう?「かげ」の区別はもう少しはっきりしていて、物にさえぎられて光が当たらない暗い場所を「陰」、光が当たったことでできた暗い部分を「影」と使い分けるんだ。つまり、「陰」は「見えない」こと、「影」は「見える」ことに重点が置かれていて、「物陰」「陰口」「草葉の陰」、「人影」「影絵」「影も形もない」という使われ方をするわけだね。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。