公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

小学生レベル

「前」と「元」はどっちが新しい? ~順番にかかわる表現を知る~

遥ちゃん:もうすぐ選挙だから、選挙カーをよく見るんです。ポスターを見たら、前市長と元市長と書いてあったんですけど、どう違うんですか?

漢検博士:おもしろいところに気づいたね。「元」は「今よりも前の時」という意味で、そのなかでも特に「現在のもののひとつ前のもの」という場合に「前(ぜん)」を使うんだ。つまり、「現」市長の前に市長を経験した人は、みんな「元」市長で、そのなかでも1つ前に市長だった人だけを「前」市長と言うんだ。

大輔くん:順番といえば、お母さんが昔、東京に行ったとき、電車の発車の案内表示が「こんど」「つぎ」となっていて、どっちが先に来るのかわからなかったって言ってました。でもぼくは、おねだりしたときにお母さんが言う「また今度ね」の「今度」がいつ来るのか知りたいです。

漢検博士:手厳しいね(笑)。「今度」はごく近い将来のこと、「次」は何かのすぐあとに続くことを意味していて、「今度の日曜日」と「次の日曜日」に違いはないよね。でも、「今度来た先生」という言い方をするように、「今度」は近い過去も含んでいて、「今」と切り離せない単語なんだ。一方「次」は、基準となる「何か」があってはじめて使えるんだ。だから電車で言えば、「こんど」の電車が来れば、「つぎ」の電車が来られるんだよ。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。