公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

高校生レベル

お金も人生もセイサンする 「精算」と「清算」の違い

悠一さん:博士、頼まれてたガムテープ、買ってきましたよ。お金は立て替えておいたので、あとでセイサンしてくださいね。

漢検博士:おつかいありがとう。ところで悠一くん、今言った「セイサン」は「精算」と「清算」、どっちかわかるかな?

悠一さん:ええっと、今の場合は、かかったお金などをこまかく計算するという意味だから、「精算」ですよね。「清算」は、貸し借りなどをきれいに処理するときに使うんでしょ?

漢検博士:そうだね。「精」の字は、玄米をついてきれいな白米にすることを表していて、細かい、詳しい、という意味になるぞ。一方、「清」は水がすみきっている状態を表していて、清める、きれいにする、という意味なんだ。精算は「乗り越し料金を精算する」「送別会の参加費を精算する」などお金についてしか使わないが、清算は「借金を清算する」のほかに、「これまでの生き方を清算して就職する」など人間関係や過去の行いに対しても使われるぞ。ちなみに「算」のつく「セイサン」はもう1つあって、成功する見通しを意味する「成算」だ。「彼に勝つ成算がある」「その計画では成算が立たない」などと使うぞ。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。