公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

小学生レベル

お皿に“うつして”、写真に“うつす” 似た漢字の使い分け

遥ちゃん:ホットケーキが焼けました~。お皿にうつして、生クリームとフルーツで飾って……完成です!カメラで写そうかな。

漢検博士:おいしそうにできたね!ところで、2つの「うつす」が出てきたね。小学校で習う全部で3つの「うつす」の違いはわかるかな?

遥ちゃん:わかりますよ。今、ホットケーキをお皿にうつしたみたいに、あるものを別の場所に移動させるのが「移す」で、写真をとるときは「写す」、もう1つは「映す」で、鏡に自分の姿を映す、というときなんかに使いますよね。

漢検博士:その通り!よくわかっているね。「移す」は物の位置や状態がかわることだから、筆箱の中身をペン立てに移す、計画を実行に移す、というときに使うんだ。「写す」と「映す」は使い方が似ているので迷うけど、「写」は対象をそのまま書き写すとき、つまり、「黒板の文字をノートに写す」、「景色をスケッチブックに写す」、「耳で聞いた音楽を五線譜に写す」、というときに使うよ。一方「映」は光が当たることによってその姿がはっきりと映し出されるとき、つまり、「映画をスクリーンに映す」、「富士山が湖面に映る」、というときに使うよ。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。