公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

中学生レベル

夢中になりすぎると抜けるもの ~「うつつを抜かす」の“うつつ”とは?~

孝宏くん:昨日、お母さんに「ゲームにばっかりウツツを抜かしてないで、勉強しなさい!」って叱られたんです。「何かやること抜かしたっけ?」って聞いたら、余計に叱られて……

漢検博士:う~ん、それは叱られそうだね。漢字で書くと「現を抜かす」。“現”とは、現実、今ここにある心、正気のことで、“抜かす”とはそれを失うということ、つまり、あることに夢中になりすぎて我を忘れることを言うんだ。お母さんは、ゲームの世界にばっかり行ってないで、現実の世界に戻ってきて、中学生として必要な勉強をしなさいと叱ったのに、その慣用句を孝宏くんが知らなかったから、余計に腹が立ったんだろうねえ。

孝宏くん:そうか~。確かにテストも近いし、今日からは勉強に“現を抜かす”ようにします!

漢検博士:残念!「現を抜かす」というのは、「本来やるべきこともせずに」という批判的なニュアンスが含まれていて、やめたほうがいい行為に対して使うんだ。つまり、「夜中までゲームに現を抜かして、勉強をおろそかにする」とは言っても「勉強に現を抜かす」とは言わないんだ。そういう時は「無我夢中」や「没頭する」を使うといいよ。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。