公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

中学生レベル

悪くないときは、責任を“転換”する? 熟語は由来といっしょにおぼえる

孝宏くん:博士、聞いてくださいよ。今日、学校の調理実習でクッキーを作る予定だったんですけど、チョコチップを持ってくるはずの子が忘れてきて、うちの班だけただのクッキーになっちゃったんですよ。なのにその子、班長の僕が前日にそれぞれの担当に確認しないのが悪いなんて言うんです。そんなの、“責任転換”ですよね。

漢検博士:それは残念だったねぇ。でも、孝宏くんもちょっと残念だな。自分の失敗じゃないのに、さも自分が悪いように責任をなすりつけられたと言いたいなら、「責任転換」ではなくて「責任転嫁」と言うのが正しいぞ。

孝宏くん:えー。本来責任があるべきところから別のところに変わったんだから、「転換」でいいんじゃないんですか?それに、責任の話をしているのに、なぜお嫁さんが出てくるんですか?

漢検博士:「転嫁」というのは「再び嫁ぐ」という意味で、なんらかの事情があって、お嫁さんに来た女性をさらに別の家に嫁がせるということなんだ。そこから「ほかの場所に移動させる」、転じて、自分の責任や罪を人になすりつけるときに使用するようになったんだ。「転換」は、それまでとは別のものに換えることを意味する熟語だから、ちょっと違うよね。音が似ている熟語を使うときは気をつけようね。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。