公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

中学生レベル

得意げな人をいましめる表現 いい気になって自慢する人のことは…『テングになる』

孝宏くん:いつもは僕と同じくらいの点数をとっている佐藤くんが、最近、小テストで一番になったんですよ。そしたら「わからないことがあったら何でも聞いていいよ」なんて言い始めて……。こういうとき、なんて言うといいんでしょうね。

漢検博士:そんなときは、『天狗になる』という言い方があるぞ。ほめられたり、いい結果を出したことに対して、いい気になって自慢すること、得意げになること、うぬぼれることを言うんだ。

【語源】天狗とは、赤ら顔で非常に高い鼻をしていて、空を飛ぶとされている妖怪の一種なんだ。修行中の僧侶が、自慢をしたり、嫉妬や恨みにかられて堕落してしまった果てになる姿だとも言われていて、そこから十分な知識や能力もないのにうぬぼれる人のことを「天狗」と言うようになったんだ。

【使い方】孝宏くん:「彼は試合に勝って以来、すっかり天狗になっている」「ちょっとほめられたからって、天狗になってはいけないよ」どうせなら、戒めの言葉として使いたいですね。

【豆知識】天狗の一番の特徴である鼻は自慢、うぬぼれの象徴とされ、自慢する、得意になることを「鼻を高くする」「鼻高々」とも言う。そんな人に対して気に入らない、うっとうしく感じることは「鼻につく」、だし抜いてあっと言わせたときは「鼻を明かす」、やりこめてへこませたときは「鼻を折る」、などの表現も覚えておくといいね。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。