公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

中学生レベル

待ち望む気持ちが強いときの表現 待ち遠しくて、焦がれる気持ちは…『イチジツセンシュウ』

漢検博士:寒い冬、家にこもっていると、つい考えごとにふけってしまうな。たとえば誰かのことを想ったり……。そんなふうに誰かを想ったり、

何かを待ち焦がれたりして、一日が長く感じられるときの気持ちを、『一日千秋』と言うのは知っているかな?

【語源】「秋」というのは季節を指しているのではなく、秋がめぐってくる、つまり一年経つということ。一日が千年のように長く感じるほど、恋い慕う気持ちや待ち望む気持ちが強いことを表しているんだ。

中国の古い詩集『詩経』の中に、「(あなたに)一日会えないと三年経ったように感じる」という表現があり、そこから恋い焦がれる気持ちを表す「一日三秋」という言葉が生まれた。その想いをさらに強調したくて、「一日千秋」に変化したと考えられているぞ。

【使い方】沙織さん:「彼が来るのを一日千秋の思いで待っています」「審査結果の通知を一日千秋の思いで待つ」せつないけど、自分ではどうしようもない雰囲気が出ますね。

【豆知識】なぜ「一日千夏」や「一日千冬」じゃないのかと思うかもしれないね。イメージ的に秋がぴったりだからというわけではなく、「秋」は稲を集めるという意味からできた字で、収穫の季節を表す。農耕民族にとってはもっとも大切な時期であるため、「時」「歳月」の意味もあるんだ。「とき」と入力して変換すると、「秋」の字が出るから試してごらん。

生き残れるか滅びるかの瀬戸際のときを表す「危急存亡の秋(とき)」などに使われるぞ。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。