公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

小学生レベル

王女はどうやったら女王になれる? ~前後を入れかえたら意味が変わる熟語~

大輔くん:博士、こんななぞなぞ知ってる?「王女が逆立ちすると、急に偉くなりました。な~ぜだ?」

漢検博士:ふっふっふ。私をみくびってはいけないな。答えは「“女王”になったから」だろう?熟語は漢字の並び方にも意味があるから、普通は入れかえると意味が成り立たないんだが、たまに、「王女」と「女王」のように、全然違う意味になる熟語もあるんだ。

大輔くん:まだまだありますよ!「身長」は背の高さのことだけど、ひっくり返って「長身」になると、背が高いという意味に変わってしまうでしょ。「階段」は「段階」になるし、「名人」は「人名」になっちゃうんですよね。

漢検博士:すごいなぁ、たくさん気づいたね!ほかにも、「食間」は食事と食事の間だが、「間食」は食事と食事の間に食べることで、「書類」がひっくり返ると、「類書」といって同じような内容の本という意味になる。“いつも”という意味の「年中(ねんじゅう)」は、ひっくり返すと「中年」だ。漢字は一つずつが意味を持っているけど、熟語となることでまた新しい意味を持つようになるから、「どっちでもいいじゃん」なんて思わずに、しっかり覚えていこうね!

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。