公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

小学生レベル

「空」はうかんむりじゃないの? ~「うかんむり」間違えやすい「あなかんむり」~

大輔くん:今日の漢字テストに部首を答える問題があったんですけど、「空」を「うかんむり」って書いたら×だったんです。空の部首は、「うかんむり」じゃないんですか?

漢検博士:う~ん、確かにうかんむりに見えるけど、じつはその下の「儿」まで含めて「あなかんむり」というんだよ。うかんむりは、家の屋根の形からできていて、主に家にかかわる漢字に使われているんだ。

遥ちゃん:屋根の下で女の人が落ち着いて座っている様子から「安」、家の中にしまってある玉(すばらしいもの)が「宝」になったって習いました。

漢検博士:よく知っているね!それに対して「穴」はほらあなの入り口から生まれた字だから、家ではなくて、穴に関連が深い字に使われているんだ。たとえば「窓」は壁に開けられた穴だよね。突然の「突」は、本来は下が「犬」になっていて、穴から急に犬がとびだしてきて「つきあたる」ことをあらわしていて、「空」は穴(あな)とエ(コウ)をあわせてつきぬけた穴という意味なんだよ。部首は形で覚えるだけじゃなくて、ちゃんと意味も知っておくと間違えないよ!

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。