公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

大学・一般レベル

縁起を大切にするおせち料理 ~知っておきたいおせちの語呂合わせ~

由衣さん:もうすぐお正月なので、今年はおせちの準備の手伝いをしてるんですが、おせちっていろんな願いが込められているものなんですね。

漢検博士:おせちとは、漢字で書くと「御節」。もともとは神様にお供えした料理を「節供(せっく)」といい、次第にもっとも豪華なお正月の料理だけを「おせち」と言うようになったんだ。

由衣さん:かずのこ、たづくり、くりきんとん、黒豆、だてまき……全部、いろんな縁起をかついであるんですよね。どんなものか教えていただけますか?

  • 数の子(かずのこ)
    数の子はニシン(鰊)の卵で、ニシンは別名「カド」とも言った。「カドの子」が、やがて卵の数の多さや「二親(ニシン)」とも書けることなどから子孫繁栄を願って「数の子」の字が当てられるようになった。
  • 田作り(たづくり)
    材料のイワシは昔は田んぼの肥料に使われていたことから、豊作を願って「田作り」と名づけられた。「五万米(ごまめ)」の字をあてることもある。
  • 栗金団(くりきんとん)
    その色あいと漢字のとおり「金の団子」つまりは財宝を表し、金運を呼ぶ食べ物とされる。また、栗は「搗(か)ち栗」が「勝ち」に通じるとして古くからお祝いごとに用いられた。
  • 黒豆(くろまめ)
    黒は魔よけの色。さらに「まめ」には丈夫・健康・まじめという意味があり、元気に暮らせるようにとの願いを込めた食べ物。
  • 伊達巻き(だてまき)
    黄色に輝く華やかさから、派手なしゃれ者のことを表す「伊達」の名を冠したとも、伊達政宗が好んだことからつけられたとも言われる。巻物の形をしているので財宝、あるいは学問成就を願うともされる。
  • 昆布巻き(こぶまき)
    昆布は「喜ぶ」に通じるとして縁起物の定番。さらに「養老昆布(よろこぶ)」の字をあてて長寿を願ったり、「子生婦(子生)」の字をあてて子孫繁栄を願う。

※おせちの具材の名称、由来には諸説あります。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。