公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

大学・一般レベル

「〆」も「卍」も実は漢字 これは記号じゃなく漢字!

昌人さん:「々」は漢字みたいに見えるけど、音も意味もないから漢字じゃないとしたら、逆に、記号みたいに見えても、音や意味があれば漢字になるんでしょうか?

漢検博士:たとえば、封筒の封に「〆」と書かれているのを見たことがあるかな?

漢検博士:提出期限などの「締め切り」を「〆切り」と書いてあるときもあるな。あれは「シメ」と読み、「乄」という漢字の異体字なんだ。部首は「ノ」で、画数は2だ。日本で生まれた国字なので、日本にしか存在しない漢字だがね。

昌人さん:「開けてはいけませんよ」という意味の「×(バツ)」がつながって「〆」になってるのかと思ってました!そんな記号みたいな漢字があるなんて、おもしろいですね。ほかにもあるんですか?

  • 〇(れい)
    漢数字の0。記号の○(まる)と似ているが、○は下から時計回りに書き、漢数字の「〇」は上から反時計回りに書く。部首は「くにがまえ」で、画数は1。同じく「0」を表すのに「零」という字もあるが、どちらも正しくは「れい」と読み、「ぜろ」とは読まない。
  • 卍(まんじ)
    寺院をあらわす地図記号や、家紋や文様として目にすることが多いため記号と思われがちだが、れっきとした漢字。部首は「十」、画数は6。
  • 凹/凸(おう/とつ)
    記号のように見えるが常用漢字で、部首は「うけばこ(かんにょう)」、どちらも画数は5。辞書には「凹」は「おう」、「凸」は「とつ」という音読みしかのっておらず、熟字訓として「凸凹」を「でこぼこ」と読ませ、単体では「でこ」「ぼこ」とは読まない。凹は「くぼむ」「へこむ」と読ませることもある。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。