公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

大学・一般レベル

「々」「〃」「ゝ」は漢字? 「々」「〃」「ゝ」は漢字なの?

昌人さん:「時々」みたいに同じ漢字をくり返すとき、「々」という字を書くじゃないですか。でもこのあいだ、「営業部々長」と書いたらダメだと言われたんで、会社では使わないのかと思って佐々木さんを「佐佐木」と書いたら白い目で見られましたよ……「々」って、何なんでしょうか?

漢検博士:「々」は、「同じ」という意味を持つ「仝」という漢字からできたと言われているが、実は漢字ではないんだ。このように同じ字をくり返すときに使われる字を「踊り字」「くり返し符号」「重ね字」「畳字(じょうじ)」などと言うんだよ。漢和辞典にのせているものもあるが、固有の音や意味を持たないので漢字とは言えないんだよ。

昌人さん:つまりは、記号みたいなものなんですね。ほかにもそんな字、あるんですか?

  • ゝ ゞ ヽ ヾ
    ひらがなをくり返すときに使う。「一の字点」とも言う。同じ字をくり返す場合は「ゝ」、濁る場合は「ゞ」を書く。カタカナの場合は「ヽ」「ヾ」になる。「ここ」→「こゝ」「ばば」→「ばゝ」「ただ」→「たゞ」「バナナ」→「バナヽ」「シジミ」→「シヾミ」
  • 〻
    「二の字点」「揺すり点」などとも呼ばれ、字の真下ではなく、右下に小さく添えるように書く。本来は「各〻(おのおの)」「屡〻(しばしば)」のようにその漢字の訓読みがくり返しであることを示すものだったが、漢字と同じ大きさで書き、「夫〻(それぞれ)」「益〻(ますます)」のように訓読みをくり返す場合にも使われるようになった。
  • 〃
    カタカナの「ノ」が重なっているようにも見えることから「ノノ字点」とも呼ばれる。表や箇条書きなどで、内容が隣と同じであることを示すときに使われる。この記号は日本独自のものではなく、海外でも使われている。

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。