公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

どれだけ知ってる?漢字の豆知識

小学生レベル

「修正」と「修整」の違い 形も意味も読み方も似ている漢字を使い分ける!

漢検博士:これまで、「形が似ていても意味が違う」「違う形でも意味は同じ」など、いろいろな漢字を見てきたな。では、形が似ているうえに読み方も同じ、さらに意味までも

似ている漢字をちゃんと使い分けられるかな?たとえば「修正」と「修整」の意味の違いがわかるかな?

大輔くん:「正」は正しいこと、「整」はととのっていることだから、「修正」は間違っているものを正しい状態に直すときに使って、「修整」はきれいに見えるように手を加えるときに使うんだよね。

「女優さんがきれいなのは、みんな写真を修整してるからよ」って、いつもお母さんが言ってるよ(笑)。

沙織さん:女優さんといえば、映画やテレビのクレジットに出てくる「製作」と「制作」も紛らわしいわよね。どちらも「作る」という意味だけど、「製」の部首は“ころも”で、衣服を作るという意味、「制」の部首は“りっとう”で、刃物で余分なものを切り取って作るという違いがあるのよね。

実用的なものを機械的に作るときには「製作」を、芸術作品や工芸品は「制作」を使うのよね。 でも、テレビ番組や映画を実際に作っているのは「制作会社」だけど、企画とか宣伝にかかわるのは「製作委員会」だったりして、ややこしいわね!

一覧ページへ戻る

豆知識トップページへ

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。