公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

団体受検 取組事例(小・中・高 等)

小学校

「開かれた学校づくり協議会」土曜事業の一環として漢検を実施

副校長 杉渕 尚 先生

関東 / 東京

[公立] 足立区立渕江第一小学校

副校長 杉渕 尚 先生

漢検導入の背景

 本校では、足立区教育委員会の施策である「開かれた学校づくり協議会(以下、協議会)」の活動の一貫として、漢検の団体受検に取り組んでいます。協議会は、学校と家庭、地域との連携・協働によって、地域に根ざした特色ある学校づくりや、学校支援活動の充実、家庭と地域の教育力の向上などを目指す活動です。その活動のひとつの柱として、土曜事業の実施があります。土曜日を有効活用する方策として、本校では囲碁将棋教室や地域のクリーン作戦などの様々な活動を行っています。
 そのひとつとして、漢検の準会場受検の機会提供を行っています。年度末の総まとめという位置付けで、毎年第3回の冬検定を実施しています。子どもたちの基礎学力と学習意欲の向上のために、地域と一体になってサポートしていこうという試みです。

検定実施の大まかな流れ

 役割分担としては、検定当日の会場運営は協議会のメンバーが中心になって行いますが、検定前の受検希望者の募集や検定後の結果返却などは学校の教員が行っています。
 まず、協議会会長と校長の連名でつくった保護者宛てのお手紙(プリント参照)と「受検案内」をセットにして、クラス担任から児童全員に配布しています。申し込みの受付は、まずは副校長が受付窓口を担当し、その後の協会への申込手続きは協議会が行います。
 当日の試験監督は、基本的に協議会のメンバーが行っています。もちろん教員もお手伝いをしますが、それ以外にもボランティアでお手伝いいただける保護者もいらっしゃいます。地域の皆様の支援無しには、団体受検は実施できなかったと思います。
 検定結果は、クラス担任から子どもたち一人ひとりに直接手渡しています。合格者には、クラスメイトの前で「おめでとう」と声を掛けながら渡すなど、子どもたちの頑張りを褒め称えるようにしています。

日頃の漢字学習と連動

 本校では、朝学習の時間を活用して、本校独自の「漢字検定テスト」(写真参照)を行っています。小学校で習う全ての配当漢字を90級~1級までの90段階に分け、各級5問ずつ出題しています。原則、毎週火曜日を「漢字検定テスト」に取り組む日としています。15分という朝学習の時間内に、在籍学年の範囲内の級であれば、各自の好きな級から挑戦することも、各自のペースで好きな級まで進むこともできます。できる子はどんどん次の級に進めますし、できない子はじっくりと取り組めるような仕組みになっているのです。
 校内の「漢字検定テスト」で自信をつけ、その後に社会で広く認められる漢検に挑戦することで力試しをするという形で繋がっていきます。本校の子どもたちにとって、漢検は学校での学習と無関係な独立しているものではなく、普段の漢字学習と連動しているので、より一層意欲や自信に繋がるようです。

検定導入の効果

 検定当日は、子どもたちと並んで保護者も一緒に受検する姿が見られます。地域に根差した学校が会場だからこそ、子どもたちにとっても保護者にとっても参加しやすく、安心して受けられるようです。また、検定当日は運営ボランティアや受検でお越しになっていらっしゃる地域の方に、子どもたちが真剣に頑張っている姿を見せられる良い機会でもあります。漢検の団体受検は、地域と学校の相互信頼を育む場にもなっているのです。

pdf画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。


学校紹介

校舎外観 <目指す子ども像>
1.思いやりのある子
2.考える子
3.鍛える子
4.よく働く子

<目指す学校像>
1.あたりまえのことを大切にする学校
2.教師間協働ができる学校
3.バランス感覚を育てる学校
4.地域・家庭に信頼される学校


※掲載内容(所属団体、役職名等)は取材時のものです。


団体受検 取組事例(小・中・高 等)

  • お問い合わせ
  • 私の好きな漢字と漢検
  • どれだけ知ってる?漢字の豆知識
  • 漢検受検級の目安チェック
  • 漢検の魅力

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。