公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

団体受検 取組事例(小・中・高 等)

中学校

漢検の学習を通して、新しい語彙と出会う機会を提供

井戸 義人 先生

近畿 / 京都

[私立] 洛星中学・高等学校

井戸 義人 先生

生徒の学力を対外的な視点で評価

 平成15年の秋から漢検を中学生全員で実施しています。漢検を企画・採用した背景として、生徒の語彙力の低下を感じていたことがあげられます。実際に、漢字の小テストで赤点を取る生徒がでてきており、語彙力を向上させる施策を考える必要性を感じていました。
 語彙力は言葉の意味そのものだけでなく、時にはその成り立ちや思想的背景をも押さえる必要があります。普段の授業や読書の中で身につけていくように指導していますが、漢字小テストも含めてカリキュラムを有機的につなげて学習を進めるためにも、漢検を導入しました。
 実際は、完全満点主義である学校の指導方針と検定の合格ラインとの乖離や本校が設定する身につけるべき力と漢検の級のレベルに違いがあるなど、対外的なものを導入する不安要素はありましたが、担当者以外の外部の視点で生徒の学力の評価ができるというメリットが非常に大きかったと感じています。

合格に満足することなく必要な力を確実に身につける

 漢検はあくまでも学校での学習の一つの通過点であり、合格すればそれで力が身についたという訳ではありません。つまり、合格が目的ではないということです。大切なことは必要な力を100%身につけることです。そのため、学校行事との兼ね合いもありますが、漢検の実施は年度末の冬ではなく、秋に行っています。結果を1月に渡し、これを一つの通過点として、漢字運用能力が定着するように、年度末まで学習を継続します。
 生徒にとって、見たことのない語彙をいきなり習得することは困難なことです。本来は普段の授業や読書などを通じて語彙を知り、その語彙を使用してレポートのみならず論文など多くの文章を書かせながら、身につけさせています。しかし、今は読書量が減っていることから、新しい語彙そのものに触れる機会が減ってきています。漢検の学習をすることで新しい語彙を知るという機会の補完ができていると思います。
 また、中高一貫校のため、中学生にとっては大学受験までの目標が遠すぎます。その中で、漢検は生徒にとっても身近な目標となっており、漢検があるから勉強しようという声が、日常的に飛び交うようになっています。検定に落ちると恥ずかしいという意識が非常に強いためか、かなり真面目に取り組んでいるようです。そのモチベーションが高合格率を絶えず保ち続ける一つの要因となっていると思います。
 また、漢字にしっかり向かい合い、勉強することにより、合格という一つの成功体験を得られます。そうすることで、言語への興味や関心が以前よりも高まり、合格に満足することなく確実に力を身につけようとする姿勢につながると感じています。

身につけた語彙を活用できるようになってほしい

 中学3年生で準2級取得を目標としていますが、高校での語彙の定着が課題です。活用できるようにならないと維持ができません。忘れないように逆流防止の弁を設けることが必要と思います。繰り返しますが、合格したからといって語彙が完全に身についたのでありません。その語彙を使って文章を作成できてこそ初めて定着したことになります。今後は、その課題に向けて新たな取り組みを考えていく必要があります。


※掲載内容(所属団体、役職名等)は取材時のものです。


団体受検 取組事例(小・中・高 等)

  • お問い合わせ
  • 私の好きな漢字と漢検
  • どれだけ知ってる?漢字の豆知識
  • 漢検受検級の目安チェック
  • 漢検の魅力

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。