公益財団法人 日本漢字能力検定協会

日本漢字能力検定

メニュー

団体受検 取組事例(小・中・高 等)

中学校

コミュニケーションの基礎=語彙はしっかりと身に付けさせたい。

市村 恵実子 先生

関東 / 東京

[私立] 大妻多摩中学高等学校

市村 恵実子 先生

 本校では中学生を中心にほぼ全員で漢検を受検しています。今の生徒達は、情報量が非常に多く、流行がどんどん移り変わっていく環境にあります。それはある意味では、情報を共有しにくい環境であるとも言えます。生徒間でもそうですし、教師と生徒の間でもそうです。ですから、コミュニケーションの基礎である語彙をしっかりと身につけさせたいと思っています。こちらが知っていると思って発した言葉を、意外に生徒は知らなくて驚くことがあります。こういうことがなくなるよう、日本語のベースとなる語彙を中学生の時期にしっかりと身に付けさせたいと思って、漢検に取り組んでいます。中学1年生では学年新聞で漢字能力検定の実施を告知し、保護者からも積極的に受検するよう勧めていただいております。運営のポイントは全員が受けるという雰囲気作りと、スタート級の設定です。始めに合格すると次回、その次と意欲的に自主的に取り組むケースが多いと感じています。漢字能力検定は週一回実施の漢字テストの集大成として位置付け、イベント化して生徒達のモチベーションを保つようにしています。


※掲載内容(所属団体、役職名等)は取材時のものです。


団体受検 取組事例(小・中・高 等)

  • お問い合わせ
  • 私の好きな漢字と漢検
  • どれだけ知ってる?漢字の豆知識
  • 漢検受検級の目安チェック
  • 漢検の魅力

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「漢検」は登録商標です。