公益財団法人 日本漢字能力検定協会

文章読解・作成能力検定

メニュー

学校法人、各種教育機関の指導者様へ

大学受験に役立つ

【文章検】は推薦・AO入試の小論文・面接対策に役立ちます

 近年の大学入試では、私立大学入学者の約5割が推薦・AO入試での合格者となっています。また国公立大学の2017(平成29)年度入試では、推薦・AO入試を実施する大学が過去最多となり、募集人数も前年より微増しています。さらに国立大学協会は、国立大学全体で推薦・AO入試による入学者の割合を30%に増やすという目標も掲げています。

 ほとんどの推薦入試とAO入試は、学科試験や書類審査のほか、面接や小論文などで選抜されます。そこで求められている力は、自分の考えをまとめ、相手にわかりやすく的確に伝えるための論理的思考力(考える力)やコミュニケーション力です。

 小論文・面接対策として、論理的でわかりやすい文章を書けるようになる「文章力」が効果を発揮します。そこで「文章力」を“測る”、そして“育てる”【文章検】が大学受験に役立つのです。
 実際に大学・短期大学で「大学における【文章検】資格活用状況」を調査したところ、3校に1校が入試で【文章検】を資格として評価、活用していることがわかりました。調査書や面接で【文章検】合格をアピールすることも可能です。

入試関連での活用「あり」校の割合

調査対象有効回答数回答率活用あり活用あり割合
1,084校 1,055校 97.3% 441校 40.7%

活用入試種別とその校数 ※複数の入試種別で活用している場合はそれぞれ校数に含みます。

学校区分推薦AO
大学 166校 197校
短期大学 87校 82校
合計 253校 279校

大学における【文章検】の活用に関する詳しいデータはこちらから

学校法人、各種教育機関の指導者様へ

  • ビジネスで、学校で、困った問題どう解決?教えて!文章検先生
  • 漢検が文章検を実施する意義
  • よくあるご質問

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「文章検ロゴ」は登録商標です。