公益財団法人 日本漢字能力検定協会

BJTビジネス日本語能力テスト

メニュー

English

Voice

企業・教育機関

総合的な実践力を養う最先端の教授法を取り入れ、自律的な人材の育成を目指す

武蔵野大学大学院 堀井 惠子 様

武蔵野大学大学院
言語文化研究科 教授
堀井 惠子 様

ライフワークは、留学生教育ですが、日本語学習者が学んだ日本語を使って社会に貢献しながら自己実現していく支援をしたいと考えています。近年、グローバル化の進展に伴い、留学生が卒業後、日本企業や母国にある日系企業などで活躍することが求められるようになってきました。その際、日本語によるビジネス・コミュニケーション能力が要求されることも増えています。

アカデミック日本語は「学問を行うために必要な日本語」と考えていますが、ビジネス日本語は、それを基礎に、更に、他者と協働による問題解決能力や異文化調整能力なども含めた、「日本語を使って社会で活躍できる=ビジネスができる能力」だと考えています。

したがって、ビジネスマナーやビジネスにおける日本語の語彙を増やすことを目的とした授業だけでは、日本語でビジネスができる能力にはならないため、本学の授業では、団塊世代をターゲットにした商品企画やコンビニ新規店舗企画といったテーマによるプロジェクト型授業で、情報収集からマーケティングなどの調査を行い、損益計算もし、アイデアのある企画を立て、プレゼンテーションをチームで行うことで、総合的に実践力を養う最先端の教授法を取り入れています。また、インターンシップも積極的に実施、日本人の考え方や企業文化などを生で経験し、理解できるような環境を作るようにしています。そして、それらの能力がどの位身に付いたのかを測定するため、BJTを指標の一つとして活用しています。

近年、本学の留学生の日本・日系企業への就職率は向上していますが、企業から「武蔵野大学の卒業生は、職場環境や仕事内容になじむのが早い」とお褒めの言葉をいただくことも増えました。ビジネス日本語教育が、実際のビジネス場面でも活かされているのだと思います。

これから、少子高齢化が進む日本社会では、外国人との多文化共生が、より重要なキーワードとなると考えています。日本人学生とともに学び、自律的に考え生き生きと仕事ができ未来の社会を支える人材の輩出を今後も目指していきたいと思います。

※掲載内容(所属団体、役職名等)は取材時のものです。

前のページに戻る

Voice

  • 団体専用ページログイン(団体受検成績リストの閲覧専用)

実施結果・成績証明書再発行

  • 「こんなテストが欲しかった!」高まるBJTの評価
  • 資料請求・ダウンロード
  • 教材案内
  • 各種調査結果
  • Facebook BJT ビジネス日本語能力テスト BJT Business Japanese Proficiency Test
  • BJT中国サイト(簡体文)
  • BJT韓国サイト
  • BJT台湾サイト
  • 質の高い検定試験を目指して!!自己評価を行いました

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「BJT」「BJTビジネス日本語能力テスト」は登録商標です。