公益財団法人 日本漢字能力検定協会

BJTビジネス日本語能力テスト

メニュー

English

Voice

受験者

身につけた日本語や専門性を活かして、企業の海外展開に貢献したい。

愛知大学 陳 雪云 様

愛知大学
陳 雪云 様

身近に感じていた日本

小さい頃から日本のアニメやドラマに触れてきました。中学生の頃には山登りを始めたのですが、常々「富士山に登りたい!」と思っていました。そのようなこともあり、日本は元々から身近に感じていました。そんな中、大学への進学を考える時に色々と調べていたところ、日本の大学の方が学べることも経験できることも充実していて魅力的だったので、日本へ行って進学することにしました。様々な学校があって迷いましたが、「国際ビジネス」に興味があったため、それが学べる愛知大学を進学先に選びました。


日本語の「使い分け」に苦労

日本語を学び始めて感じたのは、「言葉・話し方の使い分け」の難しさでした。身分や立場によって使う言葉や話し方を変えねばならないところが難しいと感じていました。しかし、言葉はまず使ってみることが大切ですので、教室で学んだことはすぐに使ってみて、使い分けが合っているかどうかを確認していました。コミュニケーションをとった量では誰にも負けない自信があります。こうして「使い分け」を克服することができました。

BJTを目標にしたことで実力の向上を実感

BJTについては大学の先生から教えてもらいました。日本での就職を意識していることもあり、自分がどれほどのビジネス日本語能力があるのかを確かめるために受験しました。BJTの受験準備には、テレビドラマを活用しました。特に、オフィスのシーンがよく出てくるドラマはうってつけです。BJTを通してビジネス日本語を学べたお陰で、アルバイト先での対応力が上がってきたと実感しています。

活躍の舞台は海外へ

卒業後は国際的なビジネスに関わって活躍したいと考えています。特に、これから海外へ進出する企業や、進出したばかりの企業で、展開を支援したいです。そこで自分の能力を発揮するためにも、これから更に目標を高く持ってがんばっていきたいと考えています。


※掲載内容(所属団体、役職名等)は取材時のものです。

前のページに戻る

Voice

  • 団体専用ページログイン(団体受検成績リストの閲覧専用)

実施結果・成績証明書再発行

  • 「こんなテストが欲しかった!」高まるBJTの評価
  • 資料請求・ダウンロード
  • 教材案内
  • 各種調査結果
  • Facebook BJT ビジネス日本語能力テスト BJT Business Japanese Proficiency Test
  • BJT中国サイト(簡体文)
  • BJT韓国サイト
  • BJT台湾サイト
  • 質の高い検定試験を目指して!!自己評価を行いました

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「BJT」「BJTビジネス日本語能力テスト」は登録商標です。