公益財団法人 日本漢字能力検定協会

BJTビジネス日本語能力テスト

メニュー

English

Voice

受験者

日本企業を理解し、日本と中国を結ぶためのビジネス日本語能力

リクルートエージェント(リクルート社より出向中) 鄭 希 様

リクルートエージェント(リクルート社より出向中)
リクルーティングアドバイザー
BJT 575点(J1レベル)取得BJT 575点(J1レベル)取得
鄭 希 様

日本で学んだ経験を日本で働くことで自分の強みに変えたかった

日本の大学で経済学を学び、公共政策大学院に進んだ時には、アメリカで博士課程に進学し、その後は国際公務員になることを考えていました。しかし、大学院1年生のときに将来の進路を考え直し、日本での就職活動を行うことにしました。日本で6年以上学び、日本企業でのアルバイト経験もある自分の強みを活かせるのは日本企業ではないかと思ったからです。生命保険会社の海外事業部で翻訳・通訳のアルバイトを行う中で、日本の企業風土にも親しんでいました。

BJTを受験することは、ライバルに差をつけること

BJTを受験したのは、就職には社会人としての日本語能力が必要になるだろうと思ったからです。また、日本語能力がビジネスレベルにあることを証明することで、他の留学生と差別化したいとも考えていました。日本の大学を卒業する外国人留学生のほとんどは日本語能力試験1級を取得しているので、それよりも高い日本語能力をもっていることを示したかったのです。受験は1度きりのチャンスだったので、問題形式に慣れるためにテキストを購入して問題をひととおり解くなど準備をした結果、無事、J1レベルを取得した上で就職活動に臨むことができました。4ヶ月の就職活動の間に4社から内定を得ることができ、その中で最も可能性を感じた総合商社に就職しました。

BJTが恥ずかしくない日本語を身につけるきっかけに

日本で働いて4年目になりますが、時間が経つにつれ、なおさらBJTが日本で働く上での大きな後押しになったと感じています。BJT受験がビジネス日本語に触れるきっかけとなったからです。学生生活ではビジネスに相応しい日本語に触れる機会は考えているよりも少ないものです。私はアルバイト経験もあり、日本語能力に自信があったものの、BJTを受験することで、思ったよりもビジネスに適切な日本語を使えていなかったことを自覚しました。外国人であることで、周囲の日本人は「外国人だから仕方ない」と大目に見て、敢えて注意はしてくれていなかったのでしょう。BJTは日本語能力だけでなくビジネスやマナーの知識も前提知識として問われます。BJTの受験をきっかけに、それまでTPOに適さない恥ずかしい言い回しや失礼な発言をしていたことに気付きました。この気付きを学習や日々の実践に活かすことで、ビジネスパーソンとして恥ずかしくない日本語能力を身につけることができたのだと思います。

入職までにさらに日本語をブラッシュアップはさせましたが、それでも入職後は電話応対や議事録の作成などで日本人同期よりも時間がかかった記憶があります。例えば、新入社員のときにレポートを正しいビジネス文書として読めるようになるまで何回も書き直したことは忘れられない思い出です。入職後、日本語で苦労するのはある程度避けられないかもしれませんが、より早い段階でビジネス日本語に触れればよりスムーズに仕事になれることができたのではないかと感じています。

リクルーティングアドバイザーとしてのアドバイス:日本人の「考え方」を理解しよう

自分の可能性をさらに高めるため、現在の職場に転職し、リクルーティングアドバイザーとして企業の方々に採用のコンサルティングを行っています。それぞれの企業の戦略を理解し、企業の潜在的な人材ニーズを掘り起こして、求められる人材を提案する仕事です。日本の企業経営者とは日本語で面談をします。曖昧な言い回しも多く、面談内容を理解するには日本語と日本企業風土の高度な理解が必要になります。そのため、日本で学び、働いてきた経験が活かされていると感じます。また、日本と中国の国境をまたいだ国際案件も増えており、自分の強みを活かしながら、人材コンサルティングを通じて日本と中国の経済を橋渡しできることにやりがいを感じています。

リクルーティングアドバイザーとしての経験から言うと、日本企業は概して日本人の考え方を理解できる人材を求める傾向があります。そのため、日本での就職を希望する留学生のみなさんには日本人とともに何かを成し遂げる経験をしてもらいたいと思います。私自身も日本人が中心の学生寮で寮祭を取り仕切った経験を就職面接でアピールしたことが、採用担当者の好感を得たひとつの理由だったと思います。

J1取得時にできたこと

就職面接で質問に答える
日経新聞を読む
仕事に必要な書類を読む
SPI言語能力問題を日本人と同じスピードで解く

J1取得時に難しいと感じたこと

ビジネス文書を作成する
議事録を作成する
数字が多い会話の数字を即座に理解する

※掲載内容(所属団体、役職名等)は取材時のものです。

前のページに戻る

Voice

  • 団体専用ページログイン(団体受検成績リストの閲覧専用)

実施結果・成績証明書再発行

  • 「こんなテストが欲しかった!」高まるBJTの評価
  • 資料請求・ダウンロード
  • 教材案内
  • 各種調査結果
  • Facebook BJT ビジネス日本語能力テスト BJT Business Japanese Proficiency Test
  • BJT中国サイト(簡体文)
  • BJT韓国サイト
  • BJT台湾サイト
  • 質の高い検定試験を目指して!!自己評価を行いました

ページTOP

  • 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
  • 日本漢字能力検定協会について
  • 協会からのお知らせ
  • サイトマップ
  • 日本漢字能力検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト
  • 文章読解・作成能力検定
  • 漢字ミュージアム
  • 漢字を調べるなら漢字ペディア
  • 漢字カフェ

Copyright© 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 All rights Reserved.
「BJT」「BJTビジネス日本語能力テスト」は登録商標です。